07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

はじめに

……………………ただいま。このブログは普通にMMO日記や音楽動画の中に18禁BLゲームネタが出てきます。「腐女子や同性愛的表現が嫌いな方」や「ネタバレすんなゴラァ(#゚Д゚)な方」「ニコニコ動画」がお嫌いな方はご注意ください。

go page top

Entry

go page top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

山姥 

0829-01


前回、召喚魔法がLv.75になったJuJuさん。

新たなに強力な召喚獣を求め、Skingradへやってまいりました。

街の人々と会話はまだしてないけど、街並みは一番好みだなぁ、この街にお家が欲しいなぁ、などと考えながらメイジ・ギルドの門をくぐり……

0829-02


電撃ゴーレムを購入。

なんかとってもデカいので、目の前に出現されるとお尻で前が見えなくなったりします。

よし、ではもう一度Kvatchを目指すぜっ。

0829-03


今度は道を外れないように、ちゃんと舗装された所を歩く……。

0829-04


空が赤くなってイヤーンな雰囲気に周りが包まれ出し……



ゲート前で闘ってるKvatchの衛兵隊長と話をしたJuJuさんはOblivion Gateの中に入っていったのでありました。

--------------------------------------------

ウン、あれですよ。

この隊長との会話なんですが、選択肢以外はJuJuさん面倒ですっ飛ばしちゃったんですよね。

「ゲートの中に入ってきてちょうだい」、と言われたとういうか、選択で入ってやると言ったというか……

まぁ、なんか中に入ることになったのです。

入って何するかとか、ちゃんと読まなかったのでイマイチ不明なんですが、たぶん最深部まで行って、ボスみたいなのを倒しつつ、押せるものは片っ端からポチってくるんじゃないかなぁ、と。

このゲートをくぐるのはJuJuさんですでに3人目ですしが、JuJuさんのレベルが10で一番育ってるというのもヤな感じです……orz

(つまり、前2キャラも読むのが面倒ですっとばし、さらに弱すぎてここでつまづいて放置されたわけで……)

とりあえず、入ればわかるだろうし、いざとなったらWiki様もありますしねっ。

--------------------------------------------

さて、ゲートをくぐると一人の兵士が闘っておりました。

JuJuさんも電撃ゴーレムを出して支援。

0829-05


周りの敵を殲滅した後、このおぢさんはにこやかに話しかけてきました。

0829-06


周りの敵を殲滅した後、このおぢさんはにこやかに話しかけてきました。

前2キャラの経験から、このおぢさんは弱っちぃことを知ってますが、いないよりマシだなと思い、同行をお願いしました。

ですが、ですがっ。

このおぢさん、なぜか全然弱くないんですよ。

電撃ゴーレムとのナイス・コンビネーションでサクサクと敵を倒していくんですね。
正直スマンかった……。

これからは「おぢさま」、って言いますね。

0829-07


でもって、いつ見ても電撃ゴレちゃんと寄り添うように立っている……イヤーン(*ノノ)。


そんなこんなで、どんどん進むJuJuさんご一行。

しかし、ここで重大な問題が発生!

いや、本当は別にたいした問題でもないのですが重量オーヴァーしちゃったんですよ……orz

できれば全部持って帰りたい貧乏性のJuJuさんは、一度荷物を整理し、調合材料なんか全て置いてくることを決定。

さらに気がついちゃったんですが、JuJuさん電撃ゴーレムを出す以外何もしてないわけで……。

このままじゃ魔剣士を目指してとった刀剣スキルがもったいないし、なにより攻撃魔法のレベルが伸びないじゃないか!

……おぢさまが弱けりゃ弱いで文句を言い、強くても文句を言う、自己中心的すぎる女、それがJuJuさん……orz

まぁ、そんなこんなで前々からちょっと考えてた、ある決断を。

0829-09


↑お前のものは俺のもの。俺のものは俺のもの式考えで、勝手に使ってるチェスト。

ごそごそ

0829-08


↑これの出番だ!

まず、もうすぐレベルが上がりそうだったので、適当な魔法を撃ちまくってLv.11に。

それからポチっとクラスをいじらせていただきます。

重たい鎧と刀を売っぱらい、スタッフと着古したローブを着用。

純粋な魔術師として再出発することに……。

0829-10


スタッフがその辺で拾った木の枝のようにボロっちぃけど、気にしない(´・ω・`)

ついでにゴスロリ狙ったにしては顔が怖すぎるし老けてるから、ちょっぴり修正しようかなぁ……

0829-11


やっぱこの眉毛がイカンよね。

0829-12


こんなもんかなぁ……?

と、ここで一応セーヴしてみる。

だがしかし、なんかリセットを押したい欲求がウズウズウズウズ……。

ん~ポチっ

0829-13


別人。

0829-14


無駄に健康そうだ。

0829-15


これくらいからいじれば、もうちょっと可愛げのある顔ができるかも……



ん~……

0829-16


こんな感じかなぁ?

あんまり変わらないなぁ……

0829-16


まぁ、これに細かい修正をしてってと……

















0829-17

↑どーん

0829-18

↑ぱつーん

0829-19

↑ぴしゃーん。

0829-20

↑ぎゅむ~。

0829-21

↑むちーん。

0829-22

↑きらーん☆

0829-23

↑しおしお。

0829-24


すでにシルエットから別人だ……

0829-28


すごいよ、JuJuさん。

まるで百戦錬磨、老練の大魔術師みたいだよ!

il||li _| ̄|○ il||l

category: OBLIVION

2006/08/29 Tue. 12:30 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://asobpun.blog77.fc2.com/tb.php/16-19fa23f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。